top of page

NEWS

  • 執筆者の写真GXコンシェルジュ事務局

2050年までのロードマップを策定できていると回答した企業は16%!企業のGX化への課題とは?




アビームコンサルティング株式会社(代表取締役社長: 鴨居 達哉、本社: 東京都千代田区、以下: アビームコンサルティング)と株式会社日本総合研究所(代表取締役社長: 谷崎 勝教、本社: 東京都品川区、以下: 日本総研)が、企業のGX(グリーントランスフォーメーション。企業における温室効果ガスの排出源である化石燃料や電力の使用を、再生可能エネルギーや脱炭素燃料に転換することで、社会経済を変革させること)の実現に向けた提言を発表しました。



両社は、市場環境が急速に変わり続ける中、企業には政策動向・事業環境変化の注視に加え、事業環境の変化を先取りし、自社の施策に積極的に取り込んでいくプロアクティブな対応が求められるとともに、従来の温室効果ガス削減対策だけでなく、経営層と現場の取り組みを戦略的に連携するGXマネジメントの実現が必要だと考え、調査を実施しました。


調査名:エネルギー需要家企業のカーボンニュートラル実現に向けた現状・課題調査

調査期間:2021年9月18日(土)~20日(月)



この調査から、70%以上の企業の経営層が、カーボンニュートラル実現についてコミットメントを表明している一方で、企業の具体的な行動計画を示す戦略ロードマップ策定に関しては、2050年までのロードマップを策定できていると回答した企業は16%にとどまることがわかりました。



多くの企業において、2050年カーボンニュートラル実現が重要な経営課題と認識される一方で、どのような課題があったのでしょうか。


調査から見えてきた課題や、今後早急にアクションが必要なポイントについて、以下リンクでご紹介しています。


最新記事

すべて表示

住友商事グループのカーボンニュートラルNAVI

GXコンシェルジュのメンバーである住友商事が、グループ会社のカーボンニュートラルに関連するソリューション一覧をカテゴリー別、企業別に検索できるデジタルカタログを作成しました。 ご興味ある商材については詳細打ち合わせさせていただきますので、右上の「詳しくはこちら」をクリックして、コンタクトいただければ幸いです。 以下リンク、是非とも覗いてみてください。 https://bit.ly/3sfd77F

改正省エネ法の対応実務ポイント解説

GXコンシェルジュのメンバーであるアビームコンサルティングが、以下HPで今年4月に改正された省エネ法に対する具体的な対応の要点や、今後の社会情勢を見据えたGXマネジメントのポイントまで解説しています。 是非、ご覧ください。 改正省エネ法の対応実務のポイント、2024年度からの報告・任意開示にはどう対応すべき?:背景から実務の要点・今後のGXマネジメントまで解説(1/5 ページ) - スマートジャパ

Comments


無料相談実施中

「GHG管理は何から始めたらよいの?」「排出量を算定した後に何をすればよい?」など
GX推進に関するどんなご相談も、お気軽にお声かけください

GXマネジメントサービスについての詳しい資料を無料でご活用いただけます

bottom of page